Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『中国の地下経済』

『中国の地下経済』
宮坂聰(文春新書)

次期最高指導部入りが有力視され、「鄧小平に代わる新たな中国政界の改革のスター」とまで噂されていた重慶市トップの薄熙来書記が失脚した事件がひととき新聞を賑わしていた。しかし、中国に関する基礎的な知識を持ち合わせていなかったので、いまひとつ理解できなかった。そんな折りに本書に出会った。以下、本書よりランダムに抜粋すると…

--------------------------------------------------------------------------
 中国人はよく収入に関して「白」「灰色」「黒」という三つの色を使って区別する。大雑把に言えば、「白」は給料やボーナスt¥などの正規収入を指し、「灰色」は副収入、「黒」は賄賂などの違法な収入ということになる。だが、日本人のイメージがそのまま通用しないのは、中国社会においては「灰色」のゾーンが極めて広く、かつ普遍的に社会に存在していると考えられることだ。多寡の違いこそあれ、都市生活者のほとんどは何かしらの形で非正規の収入を得ているといっても過言ではない。なかでも権力や権限と縁の深い業種や職種にある者は、「灰色収入」が「白色収入」を上回るケースが、むしろ当たり前だと考えられているほどなのだ。(中略)

 中国の地下経済—。この馴染みの薄い言葉を耳にしたとき、われわれ日本人がまず思い起こすのは、ドラッグや売春といった非合法の資金が流れ込むアングラワールドではないだろうか。それは一般の日本人にとって、日常生活を送る中では滅多にかかわることがない世界だ。もちろん中国においてもドラッグや売春、賄賂をめぐって流れる資金は少なくない。そうしたアングラマネーも、もちろん地下経済を構成する一要素に他ならない。
 だが、高級酒や高級タバコが“金券”として流通する中国社会では、地下経済の持つ意味は、およそ日本人がイメージするアングラマネーとは規模も、一般社会との関わりの深さという点でもケタ違いに大きい。
 それが中国地下経済の醍醐味であり、外国から中国の未来を見る上で理解しがたい変数となって分析者を悩ませてきたのである。
--------------------------------------------------------------------------

やや長い引用になったが、以上が本書タイトルの意味するところであり、著者が中国で直接触れた人たちをケースに、地下経済の構造と実態をわかりやすく解いてくれる。著者は北京大学留学経験をもつジャーナリストで、中国にさまざまな階層に人脈を築き上げてきただけに、うわべの取材ではおさまらない情報が満載されていて、じつに面白い。

中国がアメリカと肩を並べる大国となったが、アメリカとは全く構造が異なる、アジア特有の地縁に根ざした巨大な地下経済大国であることが、なんとなく掴めるのである。マネーロンダリングや不法コピー取締など、中国においては笑い話にしか感じられないかもしれない。本書では、基本的に国を信頼することなく、自力と地縁で逞しく生きていかざる得ない人々の、それこそ“何でもアリ”状況がリアルに描きだされている。

さて薄書記の真相は本書によると、打黒(マフィア撲滅作戦)を打ち出したところで、対立するマフィア側が中央に顔が効く有力弁護士に弁護を依頼したところから抗争が複雑化してきた。やがて中央を巻き込んでの熾烈な政治的駆け引き(太子党VS共青団?)に発展していくのだが、本書発刊が2010年9月20日なので、2011年11月のイギリス人殺害事件にまでは言及されていないのが残念である。2012年9月の党除名・公職追放・刑事訴追で薄事件は集結したが、筆者ならばの解説をぜひ読みたいところだ。

中国は今後どうなっていくのか? たとえばアメリカが求めるような中国の「民主化」に対して、筆者は懐疑的である。そもそもアジアに欧米的民主主義が適しているのかという命題に変数の多い地下経済では方程式がたてられないのである。なので容易に予測を導き出さない筆者の執筆姿勢が、逆に信頼をあたえてくれる。

筆者には、『龍の伝人たち』(21世紀国際ノンフィクション大賞優秀賞)はじめ、中国絡みの著作がいくつもあって、どれも面白そうだ。また気になる著者に出会ってしまった…。

追伸
最近いそがしさにかまけて、ややブログから遠ざかっております。しかし書店に興味深い新刊が並んでいて、いくつか買い求めました。ペースダウンするかもしれませんが、面白かった本をとりあげていきたいと思います。ときおり本ブログにもお立ち寄りください。

『葬式は、要らない』

『葬式は、要らない』
島田裕巳(幻冬舎新書)

毎年1回以上葬式がある。そんな歳になってしまった。葬式については、いろいろと考えさせられることが多い。そんな折り、書店で本書をみつけた。話題になった本であるらしい。

本書によると、日本人の葬式費用平均は231万円。ちなみに他国ではというと、アメリカ44万3000円、イギリス12万3000円。ドイツ19万8000円。韓国37万3000円とのこと(1998年当時)。日本はずば抜けて高い。
本書は「葬式は贅沢である」を基本姿勢に執筆されているので、章立てをみても「贅沢」というキーワードが随所に出てくる。
第1章 葬式は贅沢である
第2章 急速に変わりつつある葬式
第3章 日本人の葬式はなぜ贅沢になったのか
第4章 世間体が葬式を贅沢にする
第5章 なぜ死後戒名を授かるのか
第6章 見栄と名誉
第7章 檀家という贅沢
第8章 日本人の葬式はどこへ向かおうとしているのか
第9章 葬式をしないための方法
第10章 葬式の先にある理想的な死のあり方
筆者は、特定の利害関係の外にいる生粋の宗教学者なので、安心して読むことができる。

現代の葬式でもっとも費用がかかるものに、あの祭壇がある。本書によると仏教由来の浄土をあらわしたものであるらしい。死後の行き先は極楽浄土であって欲しいという願いに、立派な祭壇が応えているわけである。また戒名も、仏教国のなかで日本だけであるらしい。戒名には格付けがあって、男性の場合、○○院殿○○大居士が100万円以上、○○院殿○○居士が70〜100万円、○○院○○居士が50〜70万円、院なしの○○居士で20〜30万円、○○信士で10〜20万円。子どもの戒名は○○童士で3万円〜が相場となっている。この戒名の格が、祭壇その他すべての金額ランクにリンクしている。
他に檀家、葬祭業者など、葬式には素朴な疑問が山ほどあるのだが、本書は歴史を遡ってわかりやすくひもといてくれる。それを読むだけでも目からウロコなのだが、本書はさらに先にすすむ。一番肝心な問題、「では葬式はどうあればよいか」について最新の動向のもとに問題提起してくれる。

たとえば現在増えつつある直葬について、引用すると
-------------------------------------------------------------
 現在、大半の人は病院で亡くなる。直葬では、故人の遺体を寝台車に乗せ、自宅や葬儀社が用意する一時的な安置場所に搬送し、とりあえずはそこに安置する。
 そこで遺体を棺に納め(納棺)、近親者だけで通夜をする。会葬者は呼ばない。いったん自宅などに搬送するのも、前の章で見たように、火葬までに24時間以上の経過が必要だからである。
 通夜が済めば、翌日、霊柩車で火葬場へ出棺する。そして、やはり近親者だけで故人に別れを告げ、遺体は荼毘にふす。最後に、収骨、骨あげをして葬式は終わる。
-------------------------------------------------------------

直葬ほどクールではないものの、いま一般的な家族葬については、「近親者だけで行う規模の小さな葬式全般を指す」と本書は位置づけている。以前は「密葬」と呼ばれてきたが、1990年代に葬儀社が「家族葬」ということばを発案・宣伝して定着したとのこと。他に樹木葬、宇宙葬、手元葬などにも言及されていて、よむとそれなりに納得できる。

葬式の難しいところは、突然Xデーがくるところ。私が父を見送った際は、事前に葬儀社と打合せをする余裕があって花祭壇で葬式をおこなった。父は生前「キリスト教の葬式は簡素かつ洗練されていていいなあ」と言っていたぐらい宗派にはこだわらなかった。わが家は神道なので、当然のことながら戒名代も不要であったが、やはりそれなりにお金がかかった。次は母を見送るときが来るだろうが、本人は家族葬で花祭壇がよいと申している。
わたしの最期は、見送る側に極力負担や迷惑がかからない簡素なものがよいと思案中…。

島田裕巳先生には本書以外にも多数の著作があり、どれもわかりやすくタメになります。

『奪われる日本の森』

『奪われる日本の森』
平野秀樹・安田喜憲(新潮文庫)

いま、竹島や尖閣諸島がキナ臭くなってきているが、本書の内容もなかなか深刻である。それは、国境周辺の辺境ではなく、日々の生活で身近な国土においても外資による買収が静かに進行しているという実態である。

たとえば北海道。アラブ首長国連邦ドバイのモハメド殿下が代表を務めるダーレー・ジャパン社が日高町の広大な牧場を買収してサラブレッド競走馬を繁殖させている。スキーリゾート地のニセコは中国資本(香港)やオーストラリア資本のたびかさなる買収によって、地価上昇率が全国一となった。長野県白馬村はオーストラリア資本による、青森・新潟・群馬・山梨・静岡・山梨県のリーゾート温泉地はアジア系資本による買収がおこなわれており、沖縄のリゾートホテルはほとんどが外資のモノになっているとのこと。

リゾートや温泉ばかりではなく、今度は広大な森林まるごとが狙われている(ひと山いくら、という単位で)。中国上流階級では日本産ヒノキはブランド品なので、中国人ブローカーが虎視眈々と木曽産地山地や中国山地を狙っている。森林買収のもうひとつの目的は水だ。ミネラルウォーターの外資「水メジャー」が日本の上質な水源を狙っている。「水メジャー」については以下抜粋。

-------------------------------------------------------------
 我が国の水道事業は官主導で、民間が補完する位置づけにあるが、海外では水道事業が民営化されている事例が少なくない。すでに130箇国で民間企業が上下水道事業を行なっており、水道事業は今や行政サービスではなく、ビジネスの時代に入っている。欧州大手の水メジャーの上位三社(ヴェオリア、GDFスエズ、テムズ・ウォーター)が世界の水道事業のほぼ過半数を占有するというのが、グローバルな実態である。
-------------------------------------------------------------

現在、上記ヴェオリア社(フランス)は千葉県の委託を受けて手賀沼の下水処理業務をおこなっているが、同社は他県にも事業をひろげている。またわが国の山林取得にコカ・コーラ(アメリカ)やネスレ(スイス)などの企業名があがっている。
一握りのブローバル企業が、水資源を独占〜有料販売する動きに対して、サンフランシスコ、ソルトレイク、名古屋、オーストラリアにおけるミネラル・ウォーター不買運動の例も紹介されている。それも自然保護派ではなく自治体の決議であるところが着目される。本書はショッキングな内容はさらに進む。

-------------------------------------------------------------
 「本社に報告しておかねば…」
 ドイツ銀行の支店長は驚いてのけぞった。
 「地籍がしっかりしていないということは、担保価値がないということで、ドイツではあり得ない。日本の国土の半数以上に測量図がなく、地籍調査が終わっていないということをわれわれドイツ人は全く知らなかった…。それにしても大きな問題だ」
 確かに、日本の森林は正確な所有者実態はもとより、面積把握すらできていない。(中略)
 つまり、国内の森林資源について、誰がどこを、何の目的でどれだけ所有しているか、国家として現状をきっちり把握する仕組みがないのである。
-------------------------------------------------------------

本書の、このくだりに至って、私はあいた口がふさがらなくなってしまった。地籍調査開始が1951年で、2009年段階で52%が未了。先進国では考えられないことらしい。また外国人は土地は持てないことがアジア諸国の常識とも書かれている。

筆者プロフィルをみると、平野秀樹さんは環境省課長〜林野庁課長〜農水省中部森林管理局長を歴任された役人にして農学博士。安田喜憲さんは東北大学大学院教授(理学博士)。誠実・精緻に書かれており、本書の内容は間違いがないであろう。本書のあとがきは次のことばでしめくくられる。
「願わくば、木々の香り渓泉からの甘い滴、そしてかすかな葉擦れの音がいつまでも変わらない日本の森であってほしい」

竹島や尖閣諸島よりも、本書の実情のほうが深刻に思えてならない…。
ああ、またしても大変な本にめぐりあってしまった。

ギフトショー御礼

ギフトショー御礼

弊社ブースにお越しいただいたお客様に、本ブログを通じて、あらためて御礼申しあげます。

昨年度は初出展のため無我夢中のまま終了しましたが(本ブログ2011-09-11参照)、2度目の今回もギリギリ精一杯で少しも余裕がありませんでした。じつは出展するとしても、私のような弱小会社は能力・体力的に隔年ぐらいが相応しいかも、などと思っていたのですが、続けて出展することになりました。そのわけは、
・ビジネスガイド社のS様から続けて出展する意義を上手に説かれたこと。
・昨年の興奮・余韻からまだ醒めていないこと。
特に昨年の最終日、終了時に流れる「螢の光」のメロディーと「本年度のギフトショーはこれにて終了いたしました」という館内アナウンスで、完全燃焼した自分に感極まってしまったのです。

さて2度目の今回はというと、昨年とは異なるお客様との出会いが数多くありました。また昨年、今年と続けてじっくり見てくれるお客様がいることもわかりました。まさにビジネスガイド社のS様のおっしゃられた通りの意義がありました。近隣のブースには10年以上継続出展されている会社もあり、商売とはつみかさねであることを痛感しました。

2度目の出展にあたっては、まずは現行商品の品質向上をこころがけました。具体的には、上位のレーザー加工マシンをあらたに導入して仕上がり精度を高めました。木材加工では前処理と後処理に工程を追加しました。さらに検品精度を高めました。今後も、目に見えないような小さな箇所にも改良をかさねていきます。

今回、試作品も展示しました。幸いにもさまざまなアドバイスをいただくことができました。ギフトショーにくるお客様ですから、当然のことながら第一級のアドバイスです。ひとりよがりな試作品に対して、ご指導いただける格好の場でもあります。今回3品目を展示しましたが、このなかで1つぐらいが改善されて世に出ていけば充分というべきです。

本ブログは、私の個人的な読書日記ですので、以下2冊の本をあげておきます。
『私の行き方考え方』松下幸之助(PHP文庫)
『商いの道』伊藤雅俊(PHP研究所)
ともに偉大な経営者たちの、自らの体験が、自らのことばで語られています。胸があつくなる本で何度読み返したことでしょう。とはいっても経営のヒントを得ようとしているわけではありません。私は経営からはもっとも遠いところにいる人間だと思っています。ではどこに感銘を受けるかというと、学び取る力の強さです。この偉大な経営者たちにとって、学びの場は世の中そのものです。ふつうではやり過ごしてしまうような、お客様や取引先からの一言、そこにピクッと反応するのです。私も日頃、多くの人たちから決定的な一言をいただいているにも関わらず、ほとんど気づかずに役立てていません。もしもいまの私と同じ環境に松下幸之助さんや伊藤雅俊さんがいたならば、どうされるであろうか。この歳になって、ようやく彼らの偉大さが実感できるのです(彼らは10〜20代で、すでに心がけができていた)。

もうひとつ加えるならば「王道」という言葉について。私のクライアントさんの事務所に「王道」という書が掛けられていて、社長さんがニコニコしながら「これこれ」と指差してくれました。若い時には何も感じなかったであろう「王道」の字が、いまの私にはストレートにひびくのです。
私にとって、今回のギフトショーは「王道」のひとつです。少し無理をしても、一番大きな展示会に出展する。そこで正直なところを提示して審判を受ける。一級のアドバイスに謙虚に耳をかたむけ、学び取る。クライアント社長さんの「王道」のおかげで、迷わずギフトショーを選択できました。あらためて感謝申しあげます。

今回も最終日、「螢の光」の館内放送を聞き入ってしまいました。ああ私の55歳の夏もこれで終わった…、完全燃焼できて嬉しかった…、来年もまた戻ってきたい…、そんな感慨が交錯しました。

以上、御礼のつもりが、長々と書いてしまいました。でも正直なところですのでお許しください。

『マイナス50℃の世界』

『マイナス50℃の世界』
米原万里(角川ソフィア文庫)

お盆が過ぎて、連日猛暑が続いている。本州内陸部では体温よりも高い37度超も観測されている。こんなときに本書はふさわしいかもしれない。冒頭から、次のような書き出しではじって、いきなり思考を停止させられる。

-------------------------------------------------------------
 「お元気ですか。こちらはもうすっかり暖かくなりました。外の気温はマイナス21度。暑いほどです」
 これはヤクート自治共和国(現サハ共和国)に住むテレビ局員のオフロプコフさんからわたしにとどいた1985年4月2日付の手紙です。
 マイナス21度が暑い、なんて日本では考えられないことですね。でも12月の平均気温がマイナス50度にもなるヤクートでは、本当にそう感じられるのです。
 ヤクートの東部、オイミャコン地区では、マイナス71度を記録したことがあります。北極より寒いのです。
 でも北極や南極には探検隊以外の人間は住んでいませんが、ヤクートには町や村があります。首都ヤクーツクは人口20万人の近代都市です。
 (中略)
 最初にしょうかいしたこのオフロプコフさんの手紙に、わたしはつぎのように返事を書きました。
 「東京は春だというのにまだはだ寒く、きょうの気温はプラス21度です」
-------------------------------------------------------------

1782年、紀州の船頭/大黒屋光太夫+船員15名をのせた廻船が駿河沖で暴風にあい、アリューシャン列島に漂着した。一行はその後、カムチャッカ、オホーツク、ヤクーツク、イルクーツクなど、酷寒のシベリアで10年間過ごした。次々と仲間が亡くなっていき、やがてエカテリーナ女帝の支援を受けて帰国できたのは光太夫を含めて3名であった。

本書は、この大黒屋光太夫の軌跡を追うという民放テレビ番組のために、取材陣に同行した米原万里のエッセイである。

米原万里さんの父親は、日本共産党幹部の衆議院議員であり、父のチェコスロバキア赴任にともなって米原さんは9歳から14歳までプラハで過ごし、ロシア語を修得された。帰国後は東京外国語大学ロシア語学科〜東京大学大学院ロシア語・ロシア文学卒後、通訳・翻訳家として、まさにロシア語の第一人者として活躍された。

米原さんはロシア語の第一人者であるだけでなく、作家としても華々しく活躍された。『不実か美女か貞淑か醜女か』(読売文学書)、『魔女の1ダース』(講談社エッセイ賞)、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(大宅壮一ノンフィクション賞)、『オリガ・モリソヴナの反語法』(Bunkamuraドゥマゴ文学賞)など。趣味は「駄洒落と下ネタ、そして犬や猫と暮らすこと」とのこと。

さて本書であるが、そんな米原さんの本なので面白くないわけがない。地球で一番寒い場所での暮らしぶりが、米原流の語りで堪能できるのある。内容については、私ごときが述べるのはヤボなこと。短い文章と写真の組み合わせで、とても心地よい本(椎名誠の解説は蛇足だが)。どうかご一読ください。

残念なことに、米原さんは2006年に病気で亡くなられた。まだ56歳であった。もう新刊が出ることもない。本書を含めて、米原さんが遺された本をあらためてあじわい尽くしていきたい。

追記
最近、ブログがペースダウンしております。理由はフェイスブックをはじめて予想外に時間をとられていること。また『戦後史の正体』(孫崎享)クラスの新刊が出ていないこと。しかしペースダウンしても本ブログは続けていきたいと思っておりますので、時折のぞきに来てください。

Appendix

プロフィール

リピートアート

Author:リピートアート
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。