FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

『日本再占領 「消えた統治能力」と「第三の敗戦」』

『日本再占領 「消えた統治能力」と「第三の敗戦」』中田安彦(成申書房)民主党代表選を直前にして、“タレント島田紳介が暴力団との交際発覚により芸能界引退”のニュースが躍り出た。毎度のことながら、まことにタイムリーにゴシップネタが登場してくる。いつもの政策争点ボカシなら気にならないのだが、今回は福島原発事故があるので少し不気味。この期に及んで深刻な事態が起きているかもしれない、などと勘ぐってしまうのだ(...

『原発の闇を暴く』

『原発の闇を暴く』広瀬隆・明石昇二郎(集英社新書)久しぶりに書店にいったら、またまた平積みの新刊書をいくつか買ってしまった。本書はそのうちのひとつ。福島原発事故直後から数週間にわたって、専門家と称する方々がテレビにぞろぞろ登場して、「メルトダウンはしていない」「ただちに健康被害をおよぼすことはない」と連呼していた。本書は、その専門家たちを糾弾するものである。広瀬隆さんといえば反原発のシンボル的な存...

『IKEA 超巨大小売業、成功の秘訣』

『IKEA 超巨大小売業、成功の秘訣』リュディガー・ユングブルート(日本経済新聞出版社)先のフェイスブックの本のなかで、社員がIKEAの家具を組み立てているくだりがあった。私の仕事場の家具もIKEAが半分を占めている。私の場合は田園調布駅から出ている無料シャトルバスでIKEA港北店に行くのだ。本書はIKEAを知るための本であり、以下抜粋すると、-------------------------------------- イケアではサービスをしない。家具を...

『フェイスブック 若き天才の野望』

『フェイスブック 若き天才の野望』デビッド・カークパトリック(日経BP)いま話題のフェイスブックの創始者、マーク・ザッカーバーグの物語である。厚い本なので時間がかかるかと思ったら、アッという間に読めてしまった。書き手が優れていて、題材が時の主人公なのであるから、グイグイ引っ張られていく。ハーバード大学内の閉じたネットワークから始まったフェイスブックが、アメリカの大学間に拡張していくのと同時進行して幼...

『日本の国境問題―尖閣・竹島・北方領土』

『日本の国境問題―尖閣・竹島・北方領土』孫崎享(ちくま新書)日本の国境に一部にグレーゾーンが存在している。尖閣・竹島・北方領土であり、ときどき領土問題として私たちを刺激する。本書は、領土問題がナショナリズムに結びつくことに警鐘を鳴らしている。そのため、グレーゾンにまたがる両国の経緯・主張を正しく認識しておくことに主眼がおかれており、日本側のマスコミ報道だけでは知り得なかった相手国の公知の情報がたく...

『マイルス・デイビス自叙伝』

『マイルス・デイビス自叙伝』マイルス・デイビス クインシー・トループ著 中山康樹訳(宝島社文庫)夏の夜はジャズが似合う。ここのところずっとマイルス・デイビスを聞いている。マイルスはたくさんのレーコードや映像を残したが、ジャズ・ミュージシャンにしてはめずらしく自叙伝も残した。それが本書である。東セントルイスでの少年時代から18歳のニューヨーク入り、ジャズシーンのど真ん中で過ごした日々。ミュージシャンと...

『辻まことの世界』

『辻まことの世界』矢内原伊作 編(みすず書房)海の世界の本に続いて、今度は山の世界の本を。いまの私を知る人が、「私の20代は山登りに費やしていた」というと、みな驚かれる。証拠までに当時の写真をみせると、さらに驚かれる。そこには岸壁や氷壁にへばりついている私が写っているのだ。山登りの本を読むなかで、私は辻まことに出会い、そして憧れた。暖かみのある絵、キレ味鋭いエッセイ、虫類図譜のカリカチュア…、なによ...

『South-ing JEEP ASLAND』

『South-ing JEEP ASLAND』吉田宏司・宮地岩根(晋遊舎)世界で一番美しい島を紹介したい。などと私が言っても誰も信じてくれないだろうが、世界中の海を知り尽くした人たちが「ここが一番」と太鼓判を押しているのだから間違いないと思う。場所はグアムから飛行機で1時間半のところにあるミクロネシア連邦チューク州。その本島であるモエン島から小さなボートで30~40分。名前はJEEP島(ジープ島)。島の周囲が徒歩275歩という、...

『歴史紀行 峠をあるく』

『歴史紀行 峠をあるく』井出孫六(筑摩書房)本書は峠をめぐる歴史紀行で私の最愛読書のひとつである。なかでも「十石峠」、「大菩薩峠」は数えきれないほど読み返した。しかしここでは「人形峠」より、少し引用してみたい。----------------------------------------「その安全性については、わたしが問うよりも早く、動燃事業団の係員からカラー印刷の説明書が手渡され、核燃料の輸送、貯蔵、排気、排水等に万全の対策がほどこ...

Appendix

プロフィール

リピートアート

Author:リピートアート
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。