FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinfujita.blog67.fc2.com/tb.php/2-92b6fe0f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『朽ちていった命 被爆治療83日間の記録』

『朽ちていった命 被爆治療83日間の記録』
NHK「東海村臨界事故」取材班(新調文庫)

福島/レベル7の原発大事故によって、放射線被曝が身近になったが、いまひとつ恐ろしさの実感がつかめない。

本書は、1999年9月30日茨城県東海村JOCで、ウラン溶液をバケツで濾過している最中に被曝した作業員の闘病・治療ルポである。

パシッという音とともに青い光を見て、急いで非難した直後に嘔吐・意識不明になった作業員は千葉県放射線医学総合研究所に運びこまれた。作業員が浴びた放射線量は当初8シーベルトで死亡率100%(後の検査で20シーベルトとされた)。

3日後に東大病院集中治療室に転院。初めての放射線大量被爆患者であり、専門医たちにとっても初めて体験する治療となった。そして取材班のおかげで、読者も治療現場にいあわせたかのようなリアリティーをもって実情を知ることができる。

被曝直後に採決された患者の骨髄細胞の顕微鏡写真をみた医師が目を疑った。ばらばらに破壊された染色体が写っており、はじめてみるものであったのだ。
「放射線被曝の場合、たった零コンマ何秒かの瞬間に、すべての臓器が運命ずけられる。ふつうの病気のように血液とか肺とかそれぞれの検査値だけが異常になるのではなく、全身すべての臓器の検査値が刻々と悪化の一途をたどり、ダメージを受けていくんです」

医療チームは当初もしもの希望を抱いていたが、時間とともに敗北、脱力へとかわっていく。
患者の皮膚表皮が失われて醜くただれはじめ、爪もはがれ落ち、臓器が次々に出血し、現在の医療技術では医師たちも死にゆく過程をみとどけるしかなかった。死後、遺体は解剖され、貴重なデータが捧げられた。本書には写真も掲載されているので(カラーも4Pある)、百聞は一見にしかずの言葉通り、写真をみれば直感的に恐ろしさがわかる。

本書に登場されたすべてのみなさまのためにも、このような事態は本書が最後であって欲しい。
しかし本書が出版されて10年後の現在、福島の原発事故現場から大気や海洋に放射性物質がふりまかれている…。

孫崎享twitterに次のようなつぶやきがあった。
「日本社会のどの分野であれ「立ち上がろうとする者が出ればこれに被害を与えるシステム」だけは完璧に、見事に、機能している。特に最近は酷い。個々の政治家が敗れ、個々のジャーナリストが破れ、個々の公務員が敗れている。持ち場から追われている。今後も敗れていくだろう」

何という虚脱感。それでも私たちは生きていかなければならない。私は何となくブログを立ち上げたくなったのである。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinfujita.blog67.fc2.com/tb.php/2-92b6fe0f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

リピートアート

Author:リピートアート
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。