FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinfujita.blog67.fc2.com/tb.php/30-b19dedb4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『養生の実技』

『養生の実技』
五木寛之(角川oneテーマ21)

作家の五木寛之のテレードマークは、あのロマンスグレーの立派なヘアスタイルだ。さぞかし念入りなご手入れと思っていたのだが、本書を読むと…。

--------------------------
 髪はできるだけ洗わない。
 不潔な話で申し訳ないが、私は若いころから洗髪というのをしないので有名だった。
 新人作家のころは、年に二回ほど洗っていたと思う。冗談に「盆と暮れに洗う」などと公言していた。高価そうな和服を着たホステスのいるクラブに先輩に連れていかれたとき、私の雑文を読んでいるマダムがいて、店の女性たちにそのことを言った。
 「あまり近づくと着物が汚れるかもよ」
 やがて年とともに、春夏秋冬の四回洗うようになった。加齢臭などといういやな言葉が気になったせいである。
 最近は二ヶ月に一度くらいの割合で洗っている。困ったことに、それまではなんともなかったのが、ときどき洗髪をするようになってから頭がカユいという感覚が生じてきた。
--------------------------

五木さんがなぜ洗髪をしないかというと、若いときにアジアを放浪するなかで、一生洗髪などしないであろう人々にたくさん出会い、そういう人々の毛髪が実にたくましく旺盛であることを見たからであった。スラム街でハゲをみないのが不思議であり、本質的に髪は洗ってはいけないと直感されたのである。

本書は五木寛之流の養生法だが、ひと月の半分以上は旅をし、朝6時に寝て午後1時過ぎに起きる、そんな生活をずうっと続けてこられたので偏食も甚だしい。朝食はほとんど食べないで、昼食はうどんとかサンドイッチ。夕食は仕事がら有名料亭で会食があっても3分の1口にする程度で、じっさいにはカレーライス一皿あれば充分であるそうだ。外食中心なので野菜もほとんど食べない。それでも70歳過ぎてお元気そのものである。

五木さんは病院も行かない。病院は病気の巣窟なので、極力、行かないほうがいいらしい。具合が悪くなったら、ひたすら寝て回復を待つそうだ。秘訣は、自分の身体からの発せられる言葉に耳を傾け、信じること。

本書には、そんな五木さんが体得した、ちょっとした心がけ(一番大事なこと)が惜しみなく書かれている。そのどれもに納得できて、私には大いに役立つ本となった。もちろん自己責任においてである。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinfujita.blog67.fc2.com/tb.php/30-b19dedb4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

リピートアート

Author:リピートアート
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。