FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinfujita.blog67.fc2.com/tb.php/34-e99620a3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『食品の裏側』

『食品の裏側』
阿部司(東洋経済)

これは必読の書である。しかし読むと本当に困ったことになるが…。

筆者は大学で化学を専攻し食品添加物の専門商社に入社された。食品添加物で新しい食文化を作る、という青雲の志を抱いて、魔法の粉(食品添加物)を携えて加工食品業者に知恵を授けていく。添加物も1種類ではなく多種類売る方が儲かるので、優秀な社員であった筆者は、当然の事ながらあれもこれも抱き合わせて売り込むことになる。その結果、タダ同然のクズ肉を約30種類の食品添加物で蘇らせたミートボールの他、数々の大ヒット商品が生み出された。

ある日自宅にて、妻がスーパーで買ってきたミートボールを子どもが食べようとしたとき、
「ちょ、ちょ、ちょっと、待て待て!」と手で覆い、筆者は眠れぬ夜をすごし、退職を決意された。わが子にとても食べさせてはいけないシロモノを、得意になって創作していたことを改め、一転して食品添加物の危険性を警鐘していく立場になられたのである。

筆者があげる添加物漬の筆頭食品は、「タラコ」とのこと。ドロドロに柔らかく粒がないタラコが魔法の粉で文字通り魔法のように大変身するらしい。この「タラコ」と「漬物」「練り物、ハム・ソーセージ」が、筆者現役時代の最大のお得意様であった。なので、いずれも多種類の添加物にジャブジャブ漬けられたあげく商品棚におさまるわけである。

その他、たくさんの食品について、それぞれ詳しく書かれているので、いちいち取り上げていくと際限がない。ハッキリ言ってコンビニに並んでいる商品はすべてアウトだ! 弁当、パン、カット野菜から砂糖、塩、醤油にいたるまで、私は手がでなくなってしまった。

品揃えが多いスーパーならば、じっくり選べばセーフな食品もアリ。スーパーならば加工前の野菜や魚、卵などが置いてあるので、それらを買って帰り、家で調理すれば安全だ。ただし家に常備されている砂糖、塩、醤油、油などは、できれば高級食材店でローカルな優良品を揃えておくこと。外食はチェーン店を避けること。

すべてにおいて、食品の裏ラベルをしっかりみるしか自己防衛策はないのだが、手順としては、コマーシャルをしていなくて、大手メーカーではなくて、地味なデザインのモノから、手にとって裏面の表示ラベルをたしかめるとよい。成分スペックの見方も本書に丁寧に書かれている。

類書『買ってはいけない』(週間金曜日別冊ブックレット)も、あわせてオススメする。食材のみならず、台所や洗面所、浴室に置いてある衛生用品や化粧品の類いもまたアブナイ商品ばかりだ。

身近なコンビニ、スーパー、ドラッグストアは常時豊富な商品であふれており、一見、豊かで便利な国にみえる。しかし、実際には少しも豊かでも便利でもない。戦後の買い出しよろしく、私は希少な安全品を求めて遠くに買い出しにいってるのだから…。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinfujita.blog67.fc2.com/tb.php/34-e99620a3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

リピートアート

Author:リピートアート
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。