FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinfujita.blog67.fc2.com/tb.php/66-6676d1d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『本土の人は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること』

『本土の人は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること』
―沖縄・米軍基地観光ガイド―
写真:須田慎太郎 文:矢部宏治 監修:前泊博盛(書籍情報社)

これはスゴイ本だ! 沖縄の米軍基地問題がこれ1冊でひもとけてしまう。そればかりではなく日本と米国の「本当の関係」に衝撃を受ける。

本書はサブタイトルに「沖縄・米軍基地観光ガイド」とあるように、米軍基地の写真が半分以上をしめる。本書がガイドする米軍基地は本島28箇所、離島6箇所にもおよぶ。米軍基地の多くは平坦な一等地を広大に占有し、住民は基地と基地の間の傾斜地に密集して暮らしている。沖縄に暮らす人たちは、日常的にこのような光景を目にしていることに、まずはビックリ。写真の説得力にくわえて、本書のテキストがまた素晴らしい。28項目あるなかから少しピックアップすると…、

●ペリーは何故、最初に那覇にきたのか
●沖縄には、6人の帝王がいた
●普天間は「法律上の飛行場」ですらない
●占領はまだつづいている
●鳩山首相はなぜやめたのか
●天皇に切り捨てられた島
●日本国憲法と日米安保条約
●沖縄返還とは、なんだったのか
●日米合同委員会とは何か

沖縄の米軍基地問題となると、とかく専門的で複雑になりがちだが、私程度のアタマでも十分に理解できるように、テンポよく明瞭簡潔にまとめられていてる。
恥ずかしながら、「私は日本国憲法が米軍によって英語で書かれたこと」や「日米安保条約は講和条約と同日に調印させられた」ことを知らなかった。絶対平和主義にもとづく日本国憲法に矛盾する米軍駐留(占領)が、はじめからセットで用意されていたところから戦後の日本がスタートしたのである。その矛盾は平成になってもいまだに解消されていない。本書では、法の関係を次のように図式化している。

日本国憲法→日米安保条約→日米地位協定→日米合同委員会・合意文書(密約)

この図にある「日米合同委員会」とは、日本側5名(外務省北米局長を代表に法務省・防衛省・財務省などの官僚)とアメリカ側6名(在日米軍司令官・米軍高官・大使館公使ら)が2週間に1度のペースで開いている会合のことで、議事録と合意文書が作成されるが原則として公表されない(ゆえに密約といわれる)。そして驚くことに、ここでの密約が国内法よりも上位に位置づけされるとのこと。本書は次のように図式化している。

[日米合同委員会の合意文書<日米地位協定<日米安保条約]>日本の国内法

本書でこの驚愕の事態を知り、どうにもやり場のない気分になってくる。テレビの国会中継で自民党佐藤ゆかり議員が「TPPは国内法より上位なのをご存知か」と野田総理にたずねたところ、野田総理は知らなくてうろたえてしまった。総理でさえ知らないのだから、国民はさらに知らない。というよりも肝心なところは隠蔽されている。鳩山民主政権が誕生したときに、沖縄の基地問題をはじめ何かが変わると期待していたのだが、結果的には潰されてしまった。この国の最奥の実権は、選挙で選ばれた政治家ではなく、日米合同委員会に出席する官僚と米国人が掌握している。

本書は最後に希望の道をしめしてくれる。それは沖縄の2.4倍のスケールを誇る米軍基地を完全撤退させることに成功したフィリピンのケースである。日本以上にアメリカに従属していたフィリピンでできたことが日本でもできないはずはない。そのためには国会と国民投票で「2025年以降、外国の軍事基地、軍隊、施設は、国内のいかなる場所においても禁止される」ことを決議(憲法改正)すればよいと本書は導いていく。その前提として本書に書かれた真実が多くの人に共有されなければならない。本書は全国民の必読書である。

本書には44冊の文献と6つのウェブサイト案内が載っている。どの本も重要で興味深いものばかり。本は果てることがない…。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shinfujita.blog67.fc2.com/tb.php/66-6676d1d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

リピートアート

Author:リピートアート
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。